投資信託

投資信託について



投資信託の概要

投資信託は、投資家(お客さま)から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(運用会社)が株式や債券などに投資・運用をする商品です。そして、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配をされる仕組みの金融商品です。

ただし、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。投資信託の運用成績は市場環境などにより変動をし、運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属されるため、損失が生じるおそれがあります。



投資信託に関する手数料等の概要

お客さまには、次の費用をご負担いただきます。

申込手数料(ご購入時)
ご購入時に直接ご負担していただく費用で、各ファンドの買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に各ファンドの手数料率、約定口数を乗じて得た額となります。
信託報酬等(保有時)
保有時に間接的に負担いただく費用で、原則として、信託財産の純資産総額に対して、各ファンドの料率を乗じた額となります。日々計算され、信託財産の中から負担いただきます。

【信託報酬】
投資信託の運用・管理にかかる費用で、信託財産の中から運用会社・信託銀行・販売会社などへ間接的に支払われます。
信託財産留保額(ご換金時)
ご換金時にご負担いただく費用で、換金時の基準価額に対して各ファンドの料率を乗じた額となります。ご換金の際には、ご換金時の基準価額から信託財産留保額を控除した価額(換金価額)にて換金代金が算出されます。

【信託財産留保額】
投資信託を途中換金されるお客さまに投資信託に残していただく費用です。換金を受け付けると投資信託の組入証券を売却するのが通常です。その際にかかる手数料は、投資信託全体で負担しますので、換金される方と保有を続ける方の公平性を図るため、換金される方からいただくものです。

投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なります。


商号等 豊橋信用金庫
登録金融機関 東海財務局長(登金)第56号
All contents Copyright: 豊橋信用金庫, All Rights Reserved.